>  > 博多のオナクラで言葉責めされたい

博多のオナクラで言葉責めされたい

風俗遊びといえばすっかり博多エリアばかりです。もうこの世界に身を置いてかなり長くなりますが、いまだにやめようという気にはなれません。別に性欲が強いわけではないと思うのですが、定期的に女の子に触れないと男性機能が衰えてしまいそうで怖いんですよね。それに、最近はちょっとおもしろい風俗も増えてきています。私が近頃は待っているのは、オナクラというものです。恥ずかしいようですが、見てもらうのが嬉しいんです。オプションで言葉責めをしてくれるところもあるので、ときどき女の子に責めてもらうようお願いすることがあります。でもあれって、ちょっと笑ってしまいそうになるんですよね。いったい自分は何をやっているんだと、苦笑するような思いになります。でも、やっぱりアッチの方はそれでもはかどります。それに女の子の声でそういう言葉が発語されるのを聞くとやはり興奮してしまいます。人間は実にたくさんのサービスを作り出すものですよね。

博多風俗なら痴漢し放題!

私がよく遊びに行く場所は博多エリアです。友達が住んでいることもあるのですが、風俗もとても良くて、訪れた際は毎晩必ず風俗で遊んでいくことにしています。私が一番好きなのはデリヘルなのですが、さすがにホテルを取ってまで利用しようとは思いませんから、大体はヘルスとか回春マッサージで済ませてしまいます。それでも十分スッキリできますしね。でももっと変態的なプレイが楽しみたくなることが、ときどきはやはりあるものです。この前から少しハマっているのが、痴漢クラブというものです。電車みたいな店の中に入って女の子に触ったりすることができる、なかなかきわどい遊びです。でもこういうのって、現実に痴漢がしたいという男性の欲望をかなり抑えていると思いますね。そういう意味では社会貢献性も高いのかもしれません。自分は何をやっているんだ、と思いながらも触っていると興奮しますしね(笑)これからも何度か博多まで触りに行こうと思います。心の平安のために。

[ 2016-05-15 ]

カテゴリ: 風俗体験談